ホームホーム>caeruのスタッフブログ>2016年5月

2016年5月

カエル手ぬぐいの小ネタ*歌川国芳「金魚づくし」

この季節は手拭いの季節である!とも思っています。

こんな私物があったのでちょっとご紹介。

 

201652712256.jpg

 

実は出処を忘れておりまして「The Japan Ukiyoe Museum」 とあるので多分
長野は松本にある日本浮世絵博物館のものかと。

歌川国芳「金魚づくし」のポストカードです。

(*印刷物についての個人撮影、個人意見として掲載します。)

 

2016527122552.jpg

 

妖怪ちっくな蛙になりかけのおたまじゃくしが素敵。

気になる『村田』とは当時版画を検閲した村田平右衛門の改印だそう。 

 

2016527122629.jpg

 

妙に表情の堅い亀の親子(?)。金魚たちのヘラヘラ感と好対照ですね。

 

201652712278.jpg

 

「一勇斎国芳戯画」。落款は「いち勇さい」。カッコイイです。


この葉書は「金魚づくし」シリーズのタイトル『玉や玉や』で
シャボン玉遊びを模したものだと思いますが、


手拭いでは
 

201652712280.jpg

商品詳細はこちら>>>趣味の手拭い「金魚づくし」歌川国芳 画写 梨園染

 


あめ(んぼう)に降られた金魚の世界の大騒ぎを描いている、とのこと。

確かに右上の方に雨のようなアメンボが降っています。

動物たちを様々に「見立て」「なぞらえ」擬人化した手法は独特で
風刺というか、ユーモアというか、何か達観したように世の中を笑い飛ばす感じは
面白いです。
「狂画の国芳」として名を馳せた、と手拭いの説明にもあります。

狂画とは「戯れ絵」とも言われ、戯画と同じような滑稽な絵ということですが、 

滑稽さを描くことはとても技量がいると思います。 
金魚や蛙の動作の捉え方やデフォルメの仕方 がハンパないですよね。

ちなみに「金魚づくし」は江戸っ子達に大人気のシリーズで日常や神話などを題材に
数多く描かれています。 
同シリーズでは蛙も主要な登場動物で、なんとも可愛らしいです。
あと、水周りの動物以外で、猫や猿も出てきます。

 

2016527123025.jpg  2016527123047.jpg


手ぬぐいカテゴリーはこちら>>>手ぬぐい・タオル

 

 

紫陽花ギャラリー

大気が少し重く湿度を感じます。「なんだか梅雨に似てるなぁ」と思ったらそれもそのはず
もう直ぐ6月なのですね。

気付けば、紫陽花も色づき始めていました。

 

201652610724.jpg


ブルー系の紫になっていくのでしょう。
黄緑からのグラデーションとつぼみ混じりなのが初々しい。。。

 

20165261089.jpg

 

こちらはピンク系。乙女チックです。
さすがに紫陽花。同じ株の中でも色々に変化していきます。
まさに七変化ですね。

 

201652610844.jpg

 

こんなに咲ききってるふさもあります。

「アジサイ」にはウンチクがいっぱい。
植物学的にも、人文学的にも興味の深い存在のようで様々に語られていますよね。

 

201652610933.jpg

 

こちらはガクアジサイ。
ちょっと野性味のある種類でしょうか。
子供の頃は断然ガクアジサイの方が好きでした。(今にして思えば子供らしくない気もします。)

 

2016526101038.jpg

 

よく見ると蜘蛛の巣があったり、昆虫の痕跡があります。
こんなところで暮らしているのってどんな感じなのでしょうね?
ホントに、興味は尽きません。。。。。


 
そこで、
「紫陽花」といえば、

このところ [ caeru ] でもご好評をいただいていますのは紫陽花模様の手ぬぐい。

 

商品詳細はこちら>>>手拭い蛙「七変化」kenema

商品詳細はこちら>>>四季の手拭い「紫陽花」梨園染

 

注染の滲んだ染色が紫陽花の美しさやこの季節感によく合います。
使い勝手と用の美を兼ね備えた「手ぬぐい」。

工芸品とも言える美しいものを日用品として使う、 っていいですよね。
幸せなことのように思います。

 

手ぬぐいカテゴリーからもぜひご覧ください。

こちら>>>手ぬぐい・タオル

 

 

南部鉄風鈴木の葉蛙画像追加*他風鈴近日アップ予定

南部鉄の風鈴の音色は本当に澄んでいます。
透明な澱みのない、そしてやわらかな美しい別世界の音のよう。

金属音なのにどうしてこれほどやさしいのでしょう。

音色はひとつひとつ違います。
鈴が小さいのは澄み切った高音で、大きめになるとまろやかな少し低音になるようです。
どの音もうっとりします。

近日中に数点アップいたしますので是非是非チェックしてくださいね。

 

201652520946.jpg

 

201652520912.jpg

商品詳細はこちら>>>南部鉄風鈴 木ノ葉カエル

 

 

2016525201048.jpg

 

2016525201123.jpg

 

2016525201154.jpg

 

画像はフクロウ風鈴。雰囲気抜群です。
他にはカッパやトンボがあります。お楽しみに。

 

2016525201321.jpg

 

こんな妖精の帽子みたいな、あるいはキノコ?みたいな陶器の風鈴もあります。

ワークショップジャム作品です。


近年、家屋事情やご近所事情も複雑になり、
風鈴も騒音だ!と問題になることもあるようで、
確かに感性も価値観も人それぞれですし、その多様性こそ人間であると
日頃思っているのでいろんな感じ方があるのは全く否定はしません。
近隣への配慮は当然必要でしょう。

でも、この涼し気な綺麗な音は
これからも夏の風物詩であって欲しいものです。

お部屋のインテリアとしても風情ありますよね。



 

カエルの新しい取り組み*山椒カトラリー(バターナイフ)編

この度、新商材としてハンドメイドの逸品「木製カトラリー」取り扱いを開始します。

今日は画像をいくつかご紹介。

山椒の木のバターナイフです。

ちょうど今、収穫出荷の最盛期を迎えている「朝倉山椒」の発祥地、兵庫県養父市に工房はあります。

山椒は実や葉を食用にするだけではなく、

抗菌作用があると言われ古くから様々な用途で暮らしに取り入れられてきた木です。

木肌を活かした、手になじむデザイン。山深い里でひとつひとつ削り出され、磨き上げられています。

 

 

 

201652193547.jpg

 

 

 

201652193620.jpg

 

201652193711.jpg

 

201652193743.jpg

 

この「山椒」の他、「桑」「栓」「欅」「桜」「栗」があります。

近日商品公開いたします。どうぞご期待下さい。

 

 

 

201652194048.jpg

 

 

 

朝の食卓。グレードが上がるような気がします。

世界にひとつ。同じものはないのですから。

 

毎日使うものこそお気に入りを。

 

 

 

 

カエルに嬉しすぎる贈り物*ガマと猫編

昨夜から今朝にかけて嬉しいことが2つありまして、
ホントに嬉しすぎ!と言いたくもなります。

一つはこちら。

 

2016520111310.jpg

 

お客様が、わざわざ送って下さったメモ帳。ありがた過ぎるプレゼントです。
本当にありがとうございます。

数年前の茨城県自然博物館のイベントグッズ。とてもレア物!

筑波山とガマ蛙は切っても切れない縁があるようで、

ガマの油の由来であるとか「四六のガマ」と呼ばれるアズマヒキガエルとか
奇岩の「ガマ石」とか 筑波の豊かな自然とか、、、
大好物の話がてんこ盛りで、面白いこと!

気になるのは
このイベントキャラのガマの包帯と絆創膏。
ガマの油が傷に効くからでしょうか?
 

何か怪我するようなことでも???何があったん???

ご存知の方は是非教えてください。

 

 

 

もう一つはこちら。

 

2016520111410.jpg

 

こちらは我が家の猫の親元というか、元親というか、の方からのプレゼント。

猫あるある満載の楽しくて、なぜか「腑に落ちる」猫の気持ちの本です。
昨夜いただいたばかりでまだ全部読んでないのですが、
猫との暮らしの解説が丁寧に書かれていて何かと頼りになりそうです。

 

多々ある猫の謎の行動に「何考えてんのかな?」と、

わからないところが、面白くて可愛く感じます。

 

でも一方的な溺愛になっては猫には迷惑なこと。


できればお互い良い関係でいたいものです。
この本は手を引いてくれそう。

ホントにありがいことです。

人から何か戴くってホントにホント!嬉しいものですね。
何だかしみじみします〜。


心より感謝申し上げます。

 

 

 

カエルチャームキーホルダー熊本地震お見舞金企画のご報告

熊本地震お見舞い企画のご報告 5/14_10:00現在

 

熊本地震から1ヶ月。

弊社でもささやかではありますがお見舞金企画を遂行してまいりました。
ご協力いただきまして本当にありがとうございます。


ニュースなどでは様々な状況が伝えられています。
そこからはまだまだ大変な避難生活を送られているご様子、 
倒壊したままの家屋、そして人々の心にのしかかる大きな負担が
見えてきます。

自然災害に対しては国を挙げての、
また自分自身の、問題として長い目で考えていかなければ ならないと思います。

形は変わっていくかもしれませんがお見舞金企画は続けていく予定です。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。


本日、1ヶ月という機に一度集計しご報告いたします。
月曜日5月16日に『日赤平成28年熊本地震災害義援金』口座に振り込みいたします。

内容
カエルラインストーンチャームキーホルダー(1,000円/1)32こ
売り上げ商品代金 32,000円

 

 

20165149561.jpg

お見舞い企画の詳細はこちら>>>

商品詳細はこちら>>>カエルラインストーンチャームキーホルダー ピンクモーブ

 

 

 

 

カエルの宝物*「世界のうつくしいカエル」

個人的な自慢話で恐縮です。

昨日の母の日。次男がボソッとくれた本です。

 

20165994552.jpg

 

本当に素晴らしく美しい蛙の写真集というか図鑑というか!!!

写真家 トーマス・マレントは自然界の美を捉えることに人生と芸術的感覚を捧げている(抜粋)、ということで

実に実に感動的なまでに美しい画像の数々。

両生類の生態から自然科学の深淵に迫ります。

神秘的にさえ感じる自然の現実を目の当たりに見せてくれます。

命の意味も伝わってくるような。。。

 

ホントに『生きててよかたァ〜!』ぐらいに思うプレゼントでした。

宝物です。

 

 

カエルのひとやすみとガーデンフロッグの小さな旅

ゴールデンウィークも後半。皆さまいかがお過ごしですか?

今日の [ caeru ] は田舎屋の鄙びた裏庭でちょっとひとやすみ。




普段はこんな感じで草にまみれながらじっと庭番をしているガーデンフロッグですが、

 

201655124945.jpg

 


あんまり良いお天気なもので古池の様子を見に行くと
 

 

201655125030.jpg

 



画面の上部真ん中にいるのは本家カエル。
茶色いのと黒い小さいのが2匹遊んでいるではありませんか! 

 

201655125230.jpg

 



微妙な距離感。 

ガーデンフロッグはもう少しお話などしていたかったのですが、
茶色蛙も小さい黒蛙もしれっと池に飛び込んでしまいました。

 

 

201655125313.jpg

 


で、
次にふと庭の中央あたりに目をやると
シャクヤクがふっくりとつぼみを膨らましています。

 

 

201655125355.jpg

 

 


さすがに立てばシャクヤク、、、なんとやら、、、、
美しいなぁと見とれてみたり


おばあちゃんが採ってきたさくらんぼを味わってみたり、、、

(これはまだまだ熟れる前。酸っぱすぎ。
概ね赤く熟した瞬間にヒヨドリが食べてしまうというわけです。。。)

 

 

201655125429.jpg

 



それにしても「さくらんぼ」とはなんと可愛いものだろうと
感心したり

 

 

20165512553.jpg

 

 


ハツユキカズラの下でノッタリしたり。。。。。


関東では30℃ 越えだったという初夏の一日。

[ caeru ]のまったりひとやすみと
ガーデンフロッグの小さな旅でございました。。。。。(^^)



ちなみにガーデンフロッグの商品詳細はこちら>>>ガーデンフロッグ


 

 

 

 

ページ上部へ