ホームホーム>caeruのスタッフブログ>2016年3月

2016年3月

カエルの本*雑貨屋さん開業マニュアルと [caeru] 編

最近、昔話が多いように思いますが、ご勘弁ください。

 

2016331203136.jpg

 

それこそ10年以上前のこと。開業にあたり大変お世話になった「雑貨の学校」の先生の著書についてのお話を。。。
 

「はじめる雑貨屋さん」という表題。 [ caeru ] が紹介されているのは初版本と第2版本です。(確か、、、)
 

版は重ねられ刷新されて何冊も出されていますので開業にご興味のある方は是非ご覧ください。
実践的で具体的、また基礎は様々な分野でも活用できる価値のある内容だと思います。

 

20163312109.jpg

「雑貨の学校」サイトはこちら

>>>http://www.zakka.org/school 

>>>http://zakka.org/g 

>>>http://zakka.org/hajimeru

 

 

 

少し踏み込んだ詳しい話を、最近始めたもう一つのブログ『カエルのおへそ』で書かせていただいています。

このスタッフブログと重複する部分も多いのですが、時々ネットショップを運営する視点を加えています。

とはいえ、方向性を定めているわけではなく徒然なるままに綴っていますので

ちぐはぐなところやトンチンカンなところもあります。

また余計な本音もちらほら。

ですが [ caeru ] をご利用していただくにあたり少しでもお役に立てる情報ソースになれば、

と日々アップするように努めていますので、よかったらそちら「カエルのおへそ」も覗いてみてください。

 




 

絵画の中の蛙*美術ニュースのプチネタ編

『ヒエロニムス・ボスの「聖アントニウスの誘惑」が本人作であるとの結論に達した。』というニュース。ご存知でしたか?少し前のことになりますが、2月1日に専門家によって声明が発表されたと記事は書いています。

そしてボスの作品である証明として その特徴の不思議な生き物、例えば岸に上がろうとしている「カエル」などが描かれている、としています。

ニュース画面にはバッチリ黒々とした確かに「不思議な」カエルの絵が載っているのですが、画像を拝借する訳にもいかないので、ご興味のある方は検索してみてください。

代わりと言ってはなんですが、私が小学生の頃、なぜか親に買い与えられこの世界に没入(?)していってしまった美術図鑑の「快楽の園」をご紹介します。

 

2016329233138.jpg

 

子供には衝撃が大き過ぎ、他の北方ルネサンス絵画と共にガッツリと心の深層に(傷とも言えるかもしれない)痕を残したのでありました。。。(^^);

ヒエロニムス・ボスは1500年頃のオランダの画家。戦慄と謎に満ちた表現は多くの人を魅了し続けています。ハードロック(プログレッシブロック)のレコードジャケットなどでも目にされているのではないでしょうか。幻想的で退廃的な美。一見して闇や影のように感じるものの正体は何なのでしょう。

 

2016329233223.jpg

 

もっと大きくデフォルメされたカエルがいたような記憶があったので探してみたのでが、この図鑑にはポツッと小さなカエルしか見つけられませんでした。他の作品だったのかもしれません。
けれど限りなく個人的な「カエル脳」で分析するに、このち〜ちゃいカエルは重要な役目を担っているのです。そもそも両生類はこの絵画の持つ不可解さと、逆に説明的な「命の業」を表現するためにはなくてはならないもののはずです!ボスさんはきっとカエル好きだったに違いない!のです。。。

 

2016329233310.jpg

 

2016329233338.jpg

 

(これは作品左の隅っこの極々一部分です。)


ま、意味のない妄想でした。こじつけのような。。。。。。
皆様は正しい絵画鑑賞をしてくださいね。

けれど妄想に終わらず絵画における蛙をもう少し調べてみたくなります。
何かプチネタを見つけたらまたご紹介しますので、どうかどうかお楽しみに。。。

 

 

手作りカエル雑貨*いただきもの編オリジナル手拭いの刺し子

[ caeru ] のコンセプトにぴったりの手拭い。
大好きなアイテムにも拘らず、しばらく入荷がありませんでした。
忘れていたわけではないのですがお客様にお問い合わせいただいて「あ、そうやな!」などと暢気に気付くという始末。申し訳ございません。。。

また入荷いたしましたら順次アップしてまいりますので
どうぞお楽しみに。

 

2016328191315.jpg

 

画像は十数年前の店舗開店の折、記念品として皆様にお配りしました手拭いの残党(?)です。

半分に切って布巾にしていたもので、今は台拭きですのでくたびれていますが、むしろ良い風合いになって大変重宝しています。

 

201632819147.jpg

 

手拭いの肌触りとか吸水性は使うほど増すようですね。

当時、お配りして気に入ってくださったお客様はこれで巾着を作ったり、厚手の綿麻と二枚はぎにして丈夫なランチョンマットなどを作って見せて下さいました。なんともありがたいことです。手拭いの多様性というか、使い道の多いことにも気付かせていただき本当に感謝です。

 

201632819150.jpg

2016328191534.jpg

 

こんな刺し子までして逆にプレゼントしていただいたり。。。
丁寧に刺された針目のカエルがふんわり立体的です。大事に使わせていただいています。
今にして思えばホントにありがたいお客様方で、10年以上経ちますが、なんとか改めてお礼をしたい気持ちでいっぱいです。。。



手拭いは、生地や注染にも色々薀蓄はあるのでしょうけれど、実践的に良いと実感しているわけで、
ぜひぜひ皆様にも日常生活に取り入れていただきたいと、思います。

蛇足ですが、
我が家の次男はかなりの手拭い好きです。日本各地、ご当地柄のかわいい手拭いをハンカチ代わりにバシバシ使っています。他には相撲もの、小紋風、あと、くまモンとかキャラクターものも。
どれもいい風合いになってます。
残念ながら蛙柄はなかったので [ caeru ] で時々ラッピングに使うプリント手拭いを載せておきます。オリジナルではありませんが、これまたゆるいイラストが親近感を覚えます。(^^)。

 

2016328191622.jpg

 

*以前は下画像のオリジナル手拭いでラッピングのご用命も承っておりましたが、既に在庫はありません。一部「手拭いラッピング」のご指定を承ることがございますが、内容は随時変更しています。今後はラッピングに使える手拭い在庫がなくなり次第終了となりますのでご了承ください。

 

2016328191722.jpg

 

 

 

 

手作りカエル雑貨*リトマルBOXさんのミニバッグ編

ハンドメイド作家さんは実にその方のパーソナリティが作品に反映される訳で、またその活動のリズムもしかりです。

ご結婚、ご出産、ご家族の成長や移動、女性に限ったことではなく皆さんそれぞれ様々、人生を歩まれて、作品も奥行きを増していかれるのではないかと思います。

[ caeru ]も小さな雑貨屋としてではありますが、いろんな経験を積んで成長できればと日々取り組んでいる次第でございます。(^^)。

 

で、

とてもキュートでおしゃれな「刺繍がま口」でお世話になっております [リトマルBOX] さん。

20163251103.jpg

カエル刺繍とラインストーンのがま口 小銭入れ/ミニポーチ(モーブ)

 

 

4月からさらに創作活動を深めていかれるそうなので

[ caeru ] でも新アイテムなどをどんどんご紹介させていただければと意気込んでおります。

 

これまで取扱させていただいているのはリトマルさんの作品のごく一部です。

革細工やイラスト作品も素敵ですし、刺繍にもたくさんアイテムがあります。

 

下↓は個人的に使わせていただいているミニバッグ。パスポート入れなどに最適です。

201632511659.jpg 写真がイマイチですみません。。。

 

内側にもこだわりがいっぱい。裏には個人の名前の刺繍もしてくれています。

お名前刺繍は記念の贈り物に人気があるそうです。

 

2016325111114.jpg

 

2016325111141.jpg

 

とにかく縫製も美しくて使っていて安心感があるのです。

 

次は大きめのがま口ポーチやバッグをお取り扱いさせていただこうかと予定しています。

皆様もどうぞお楽しみに。。。

 

2016325112137.jpg

 

「蛙刺繍がま口ミニポーチ」は3色のみになっておりますが、ぜひご覧くださいね。

2016325115519.jpg

リトマルBOXさん商品詳細カテゴリーはこちら>>>

 

 

 

 

 

 

カエルの本*『カエルグッズコレクション1000』編

10年近く前にプレゼントしてもらったカエルの本。
時々絵本でも見るような感覚でパラパラと眺めます。

 

201632482137.jpg

 

「カエルグッズコレクション1000」
鈴木莉萌 著 カエルグッズの会 編集 誠文堂新光社

弊社でも「取り扱いのある」あるいは「あった」アイテムも
色々掲載されていて、親しみを感じます。

カエル雑貨店と名乗っておりながらこんなことを口にするのもなんなのですが、
「こんなんあるんや!!」(関西弁)というレア物や、
「これすごいなぁ。。。」なんていう由緒正し気で古色蒼然としたもの、 
「あ〜これね!」という少々ジャンクなガチャポンまで

タイトルにもあるように1000点ぐらい(?)紹介されています。

海やお花、街や動物の写真集などは皆さん眺めて癒されるとか、あると思います。
このカエルグッズの本もなかなか。。。ほっこりいたします。

蛙にまつわる薀蓄やコレクターのお話も載っていますのでカエル好きな方々には
納得の一冊かと。。。

本の紹介もあります。
蛙が出てくる物語はたくさんある中、ここでは蛙が主役。
「これ持ってるワ」っていうのもあるかもしれませんが
あれもこれも読んでみたくなります。

 

201632482225.jpg

 

媚びのないサラッとしたレイアウトですし、どなたでも楽しめて
きっとカエルグッズも欲しくなりますヨ。。。。。(^^)v

ちょっと古い情報でした。
でも最近本屋さんで見かけたので、よかったら探してみてくださいね。。。

 

 

 

カエル以外の雑貨*人気の南部鉄文鎮や朱肉池編

ご卒業の記念品に多分ちょうど良いのだと思います。

この時期南部鉄の文鎮や朱肉入れ複数個のご注文をよくいただきます。

 

201631817444.jpg

 

今年の干支、そこはかとなく愛嬌のあるおさるの文鎮「五猿」や、

 

2016318174531.jpg

 

不動人気ふくろうの朱肉入れなど。

品格があって落ち着いたお品なのでご退職のお祝いにもご利用いただいています。

 

ただ、数が非常に少なくなっておりまして、場合によっては少しお時間を頂戴します。

ご就職のお祝いにもオススメですがお早めのお申し込みをお願いします。

 

少しづつアレヤコレヤと再入荷はしていますが、「五猿」につきましては仕入れ元にももうないそうなので

本当に残りわずかとなっています。

よかったら見てみてくださいね。

奥が深いような軽いノリで可愛いような、すごく愛着のわく逸品だと思います。

 

2016318175727.jpg

 

 

南部鉄器小物はカテゴリー「家事もの」で>>>

 

 

新しいカエル雑貨*扇子についてのあれこれの予告編

本日も入荷ラッシュ。

以前にもお知らせしていました蛙の扇子などが入ってきました。

 

201631619545.jpg

生地自体はとてもベーシックで親骨に何やら可愛げな蛙が。。。ちょっとした遊び心を感じます。

 

201631619751.jpg

ライトカジュアルなワンポイント刺繍の蛙。ナチュラルな優しいそよ風が吹いてきそうですね。

 

他、定番のステンシル蛙扇子も再入荷。近日中にはアップしますので乞うご期待!!

 

ところで、

 

扇子は季節的には少し早いのですが、軽くてかさばらないので通年、

海外へのお土産などにオススメしております。

通常弊社で取り扱うのは蛙柄ですが、仕入先メーカーさんでは

台詞文字でベタベタコテコテのものや、クールジャパン!モダンみたいなもの、

相撲、富士山、忍者といったモチーフを上手くデザインしたものなど様々あります。

今は真田丸の六文銭のような家紋柄も人気が高まっているようです。

 

そんな中から、今日は客注を承りまして特別に弊社にお任せいただいて仕入れたものが数点あります。

シックな男持麻無地や刺繍にこだわった袋とのセットです。

 

2016316202438.jpg

化粧箱入り、扇子と袋セット¥2,500~。

 

今回のように取り扱い品以外でもご要望をお伺いできましたらご用意いたしますので

[ caeru ] がそんなようなこと言ってたな、とどこか片隅にでも引っかけておいていただけると幸いです。

海外からのお客様への贈り物に困った時は思い出してくださいませ。(^^)v

 

また、父の日プレゼントにご用命の多いアイテム。

蛙扇子も袋とセットでお箱入りに絶賛準備中ですのでぜひぜひ見てくださいね。

(もちろん母の日プレゼントにも!!!)

 

2016316202832.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しいカエル置物第3弾*メタルカエルシリーズ*入荷済み!

3月中盤から4月まで、蕾が膨らむように、新芽が顔を出すように、、、かどうかはわかりませんが、

[ caeru ] でも春に向けて新入荷が目白押しで、活気付いています。

 

ディープでソリッドなメタリックフロッグ、お庭の主役級アイアンカエルなど個性派のカエルたちが勢揃い。

順次アップしてまいりますのでどうぞお楽しみに。

 

2016314172930.jpg

 

201631417305.jpg

 

ところで、十年以上やってきてようやく1年の営業の流れがつかめてきました。(ようやく?)

お客様にとっても流れをご理解いただくと上手く [ caeru ] をご利用いただけることにつながるかと思うので

内輪話ですがざっくりお知らせします。

 

1月 新年の福袋などのお祝いセール。冬物や在庫整理も兼ねてはいますが、ご愛顧への感謝を込めてやっています。びっくりするような掘り出し物もあったりします。

2月 展示会などを見て回り新商品の傾向を考えながら発注します。またイベントとしてはバレンタインデーがあるのでチョコレートにまつわるプランをあれこれ。。。

3月 まさに今ですが、新入荷ラッシュ。商品登録が楽しい毎日です。弊社では初めて、という商材もあれば世の中に初めてお目見えのものもあるので新しいもの好きな方はこの時期要チェックです。

4月 新年度の始まり。フレッシュでワクワクのシーズンですね。物がよく動く時でもあるので何かと慌ただしい頃。アニバーサリー月なので独自のイベントを企画します。

5月 ゴールデンウィークで始まるこの月、慌ただしさは続きますが、最も商材が充実しています。母の日、父の日に向けての贈り物に力を入れます。

6月 カエルシーズン到来。梅雨といえばカエル。普段よりカエルアイテムが注目されます。雨で鬱陶しい分、ネットショッピングは盛況なのか、弊社にとってはこの4、5、6月が活動期!という感じです。

7月 決算月なので月末には大セールをします。実店舗のように「在庫分売り尽くし」とか「夏物50%OFF!」とかはできませんが、ここで一年前半の締めくくりとなりますので超お買い得品も出ます。

8月 ちょっと夏休み気分。巷のバーゲンの影響もあるかもしれませんが、「ニッパチ」と昔から言いますしこの時期[ caeru ] は静かなので、のんびりすることにしています。

9月 次シーズンの商材探しの月です。展示会も多く、後半戦に向けて助走。

10月 また新着商品がいろいろ入ってくる嬉しい時期です。

11月 クリスマスに向けての充実期。

12月 年末セール。弊社3大セールの最後です。ちなみに他の2つは4月のアニバーサリーと7月の決算セールです。

 

概ね1月、7月をポイントに半期毎に繰り返すサイクルです。

お買い得なのは年末年始と夏の決算、商品が充実しているのは春と秋。そんな感じです。よく考えると小売店の普通サイクルですね。商売ってそういうものなのか!と妙に納得している十数年目の [ caeru ] です。

 

2016314184540.jpg

 

カエル商品/オブジェカテゴリーはこちら>>>

 

 

 

 

 

カエル商品についての説明*革紐と真田紐編

新着情報でもお知らせしています帆布「がま口バッグ」と「お多福ポシェット」。

アイテムは2種類なのですが、紐も各2種類あるので計4点のアップになります。

生地も同じ、サイズ感も似ているのでどちらがぴったりかお選びいただく時にお役に立つよう特徴をピックアップしました。

商品詳細ページと併せて「 caeru からのお知らせ」もご覧ください。

 

さらに詳しく説明すると、

実は紐だけでいうと革紐(¥2,000+税)、真田紐(¥800+税)となります。

革紐は確かにシックで丈夫で王道。真田紐はお手頃でカジュアルな感じ。

大きな違いはお値段です。

どちらもがっちりホールドするフックの頑丈な作り。バッグ本体のお荷物重量にしっかり対応します。

(ただ、どちらも幅は細めなのであまりに重いお荷物内容には不向きかもしれません)

 

サイズ調節は革の方は5穴の5段階30cm可能、真田紐はほぼフリーで180~90cmの間で調整できます。

 

201631393747.jpg  20163139378.jpg

 

本体と紐を別売にさせていただく方が分かりやすいのかとも思いましたが、2点のご注文はご面倒ですので

セットアップ状態にいたしました。

 

色々比べてお気に入りを見つけてくださいね。

 

ちなみに「がま口バッグ」ブラックは既存の「がま口バッグ」生成りと同じ型番ですが少〜しだけ小さめです。

通勤通学におすすめの大きめリュックとショルダーバッグも近日アップいたしますのでお楽しみに。

 

 

 

手作りカエル雑貨*ミモザのリース編

2016311104025.jpg

 

以前ポポラスのリースのお話をしたことがありましたが、(ブログ記事はこちら>>>)

今回も同じくご近所お向かいさんに戴いたミモザの枝をリースにしてみました。*丸めただけ!

 

コクのある黄色い花は近づいてよく見ると可憐ですがカタマリで捉えると強い生命感があります。

部屋に飾ると、電気ストーブを足元に置いてパソコンに向かっているのがなんだか落ち着かなくなるような存在感です。

 

 

2016311105149.jpg

 

 

我が家でお馴染みのカエルさんフィギアをたからせてみました。

馴染みすぎて何処に居るか分かりませんが、個人的には『似合っているなぁ』と思い気に入っています。

 

 

2016311105454.jpg

 

プツプツの花にプツプツのカエル!(^^)di

 

 

ページ上部へ